どんな歯の治療ができるの?

医療用具には厚生労働省によって使っていい治療が決められています。
ここでは認可されたもののみ掲載しますが、さらなる快適で安全な治療を目指して新しい研究が続けられています。
レーザー治療は、レーザーの種類により、治療できる範囲が限られています。現在、歯を削ってよいと認可されているのはEr:YAGレーザーだけです。ここではEr:YAGレーザーのできる内容をお知らせします。

虫歯治療
虫歯になったところをレーザーで蒸散していきます。ドリルと違って、カリエス(虫歯になったところのみを)蒸散することができますので、最大限歯質を残すことができます。
くさび状欠損の表層除去、これは歯の根っこのところによく起こる虫歯です。これもレーザーで虫歯になったところのみを蒸散します。
現在レーザーでは、プラスチックで充填のできる形しか削ることができません。大きくなってしまった虫歯などはドリルとの併用になります。
歯石除去・知覚過敏
歯石除去、歯周病の原因で一つである歯石もとれます。あの超音波スケーラーやエアースケーラーで、きりきりと歯の表面やポケット内をこすられるのは不快ですよね。レーザーならそんな不快感もなく歯石を取り除くことができます。ただし、ちょっと時間はかかります。
歯周病治療・予防
歯周病ポケット内にレーザーをあてて、ポケット内の歯周病の原因である歯周病菌を除去してあげれば、生体の自己治癒力で歯肉はどんどん健康になっていきます。しかし、レーザーの照射をやめれば歯周病菌はまた増えてきます。そのため定期的にポケット内にレーザー照射を続けることにより、歯周病の予防になります。
歯周病も悪くなると歯周ポケット内に余計な組織などができていきます。やはり原因を除去しないと歯周病は治りませんので、レーザーで除去していきます。
歯ぐきの黒ずみ(色素沈着除去)
よくメラニン色素などといわれますが、お口を空けたときに歯ぐきが黒ずんでいたりしますと、審美的に美しくないですよね。レーザーで歯肉の中の黒ずんだ色素のみを除去していきます。注水下で除去していきますので、疼痛の発生が比較的少なく、また綺麗に除去できます。
歯肉の切開・切除
歯周病がもっと悪くなると、歯の根っこの部分に悪くなった組織が付着していきます。この組織を取り除かないと、健康な歯の組織にはもどれません。根っこの部分になるので、メスで切開して先生が悪くなった組織を取り除いていきます。レーザーで除去すると歯に付着している不良組織を簡単に取り除くことができます。
形が悪くなった組織や、不良な組織をレーザーで切除して審美的に綺麗な状態に近づけます。Er:YAGレーザーは熱で組織を切開。蒸散しませんので、熱にによるダメージが殆ど無く、治癒したときの綺麗さがダントツです。
口腔内には余計な組織などができたりします。これをレーザーで切開していきます。
口内炎・口角炎
お口の中に口内炎ができると不愉快ですよね。レーザーを照射すると、短時間で口内炎が消滅していきます。
小帯切開
特にお子さんなどに多いのが、余分な筋みたいなものが口の中で増殖するケースです。大きく口が開かないので正しい発音がしにくくなったりします。レーザーで筋を切除して大きく口を開けられるようにします。
どんな歯の治療ができるの?
Er:YAGレーザーでできる治療
認可された歯の治療

厚生労働省認可

医療用具には厚生労働省によって使っていい治療が決められています。
ここでは認可されたもののみ掲載しますが、さらなる快適で安全な治療を目指して新しい研究が続けられています。
レーザー治療はレーザーの種類により、治療できる範囲が限られています。
現在、歯を削ってよいと認可されているのはEr:YAGレーザーだけです。ここではEr:YAGレーザーのできる内容をお知らせします。


YAGレーザーのできる内容